2010年05月18日

「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で17日、東京地検特捜部の聴取を受けた衆院議員、石川知裕被告(36)=同法違反罪で起訴=が同日夜、聴取終了後にコメントを出した。コメント全文は以下の通り。

     ◇

 今回、検察庁から検察審査会の議決を受けての事情聴取の要請を受けました。

 私は、刑事被告人の立場にあって、聴取に応ずるべき法律上の義務はないものの、速やかに対応することとして、本日、午後1時から東京地方検察庁に出頭して、午後5時30分まで聴取に応じ、検察官の質問に対し事実を正確に説明して参りました。

 私は、今後、自分に対する事件の公判においても、誠心誠意対応して参る所存でおります。

 後援者の皆様にご心配をおかけしておりますことにお詫び申し上げると供に、御礼申し上げます。

 平成22年5月17日

 衆議院議員 石川知裕 

【関連記事】
小沢幹事長 なぜ証人喚問に応じない
仙谷、前原両氏が小沢氏の政倫審公開求める
石川氏供述や状況証拠から“関与認定” 小沢氏「起訴相当」
批判再燃…“沈黙”守る元秘書、小沢ガールズ 小沢氏「起訴相当」
“自作自演疑惑”どう決着? 三宅氏、ポロり「自分で転んじゃって」
中国が優等生路線に?

ネット掲示板に男児ポルノ=開設の男子高生ら27人摘発−公然陳列容疑で警視庁(時事通信)
北朝鮮に「何らかの介入」=拉致問題で国連人権弁務官(時事通信)
お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)
<脅迫>小学校に包丁1本と警告文送られる 東京都江戸川区(毎日新聞)
石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)
posted by カジハラ キヨハル at 17:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場移設問題で、同県を訪問中の鳩山首相は4日午後、名護市の稲嶺進市長と同市民会館で会談した。

 鳩山首相は「辺野古の海をきょう訪れ、改めてこの海を汚さない形での決着が必要だとの思いを強くした。しかし、北朝鮮を初めとする北東アジアの情勢にかんがみ、抑止力の観点から引き続き基地の負担を一部お願いせざるを得ない」と述べ、協力を要請した。

 これに対し、稲嶺市長は「基地の負担軽減が、片一方では負担増大になってはならない。日本国民全体の問題なのだから、国民全体で考える環境を考えてほしい。小さな島でこれ以上、基地が出来るのは限度を超えている」と応じ、基地の県外移設を改めて求めた。

 会談場所は会館1階のガラス張りの部屋で、一般市民が会談の様子を見守る中、緊迫した雰囲気で約15分行われた。

医師偽った女逮捕=採用し勤務直前−不足に悩む県立病院に・岩手県警(時事通信)
<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)
<シニアカー>事故ご用心 歩行者に追突、加害者に(毎日新聞)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
posted by カジハラ キヨハル at 11:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)

【政策を問う】

 −−エネルギーの主役は石炭から石油を経て、二酸化炭素(CO2)の排出のない原子力や再生可能エネルギーに移りつつあるとの認識が広がっている

 「再生可能エネルギーは出力が天候に左右される。原子力は高度な安全性を要求される上、需要に応じて出力を変動させることはまだ難しい。いずれも重要だが問題点がある。石炭は世界各地に分布し、地政学的リスクが小さく価格も比較的安定している。安定的なエネルギー供給を確保する上で果たす役割は大きい」


 −−石炭火力発電の環境面での性能は

 「最新の超々臨界圧プラント(USC)を採用する電源開発(Jパワー)の磯子2号機(横浜市)は発電効率が43%だ。他の先進国ではこれより数ポイント低く、途上国はさらに数ポイント低い。かつて日本では、国内産石炭の価格上昇でエネルギー源は石油に移ったが、石油危機で海外産の石炭を輸入するようになった。公害問題もあって、効率化が進展したのだ」


 −−さらにCO2排出を抑えることは可能か

 「USCの一層の改良や、より高効率な石炭ガス化複合発電(IGCC)、CO2を回収して地中に閉じこめるCCS技術の開発が進んでいる。これらが商用化されるまでは、USCの導入を広げるべきだ。国内の石炭火力の出力は計約3800万キロワットで、このうちUSCは3分の1程度。残りの発電所に順次導入していく必要がある」


 −−導入が進めば、燃料費も削減できる

 「USCは一般的な設備より10〜20%程度高価で燃料費の節約分を上回ってしまう。ただ、石炭価格が現在の1トンあたり約90ドルから上昇傾向にあることを考えると、設備投資額の1割程度の公的助成があれば、導入が進むだろう」


 −−USCが世界で導入されると、CO2排出削減が進みそうだ

 「仮に米国、中国、インドの石炭火力発電所をすべて日本のUSCに入れ替えれば、日本全体の排出量に匹敵する年間13億トンのCO2を削減できる。各国産の石炭の質の違いもあり、この通りにはいかないが、それ以外でも日本の高度な保守点検の技術などを活用すれば、各国の事情に応じた効率化はできる」


 −−日本の技術普及を促す上で重要な、地球温暖化対策の国際的な枠組み作り交渉は難航している

 「先進国が途上国の温室効果ガス排出削減に協力する見返りに排出枠を得るCDM(クリーン開発メカニズム)の活用がかぎをにぎる。しかし国連のCDM運用は手続きに時間がかかる。日本がリーダーシップをとり、途上国と2国間のCDMの枠組みを作って、技術移転を進めるべきだ」

【プロフィル】中垣喜彦 なかがき・よしひこ 九州大法卒。昭和36年電源開発。取締役などを経て平成13年社長、21年6月から相談役。17年4月から石炭エネルギーセンター会長。福岡県出身。72歳。

【関連記事】
石炭に依存する米経済 相次ぐ炭鉱事故が証明
温暖化対策、揺れる電力 10社供給計画 脱「化石」加速
CO2削減 新たな負担、いまだ“藪の中”
環境税 慎重な制度設計が必要だ
温暖化数値目標で印環境相 2020年までに20〜25%削減

参院選「最後のご奉公」=地元で両親しのぶ会−小沢民主幹事長(時事通信)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
<村本さん死亡>13日夕に無言の帰国 司法解剖へ(毎日新聞)
仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)
posted by カジハラ キヨハル at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。